硬い体を柔らかくする方法

硬い体を柔らかくするときの注意点。

スポンサードリンク

最近、ダイエットでも柔らかい体づくりは効果が高いと言われています。
体が柔らかいことで代謝もまったく違います。女性も是非硬い体を柔らかくする方法は知っておくべきではないでしょうか。

 

硬い体を柔らかくする方法ということで、今は硬い体をしているという自覚をしっかりもっておきましょう。

 

つまり急に頑張ってしまってはケガしてしまうということを忘れてはいけないということです。

 

まず徐々に体を柔らかくすることが基本です。
無理して柔らかくなるものではなく、ゆっくり確実に柔らかくすることが大切です。

 

何か特別なストレッチがあると思っている人もいるかも知れませんが、そんなに魔法のようにパーッと硬い体を柔らかくする方法はありません。

 

またその人によって硬い部分がさまざまだったりします。
例えば腕はよく回るけど腰は硬いとか、それぞれの弱い部分があります。
その硬い部分は特にストレッチをしていくようにしましょう。

 

またストレッチをするタイミングとして、体が十分温まりリラックスした後の風呂上がりなどは最高のタイミングです。
特に冬などは暖かい部屋で行なうようにしないとケガのもとになります。

 

股関節は体の中心で両足の動きを支えているところです。
ここが硬くなると歩くことにも悪影響がおこります。「歩きたくない」「長く歩けない」の原因にもなります。

 

無理せず、でも毎日少しずつ確実に開脚や股関を前後に開いたりとゆっくりとしたストレッチをしましょう。

 

硬い体を柔らかくする方法の基本はまず股関節です。そして肩、腰、手首足首となっていくわけです。

 

股関節を柔らかくすることで骨盤も同時に正常になり、ダイエットや体中の動きにも大きく影響が出てくるので、硬い体を柔らかくする方法としては股関節はとても重要なのです。

 

スポンサードリンク